精神科受診を勧められたのですが…?

保育園,幼稚園,あるいは学校の先生から「お子さんを(児童)精神科へ連れて行ってみては…?」などと勧められることがあります。

家では普通に自然に過ごせている我が子が,どうして園や学校では精神科受診が必要だと評価されるのか…。

 

これは,お母さんお父さんにとってはとても衝撃的で納得のいかないことと思います。

 

ただ,私の経験上の印象からいくと,学校の先生は善意で声を掛けてくださっていることのほうが多いように思います。

 

先生には,お子さんが園や学校で何か困りごとを抱えているように見えているのではないでしょうか。

 

どうしてもまだ精神科という場所の特殊でネガティブなイメージが強いという問題もあるのでしょうけど,先生は「精神の病気だから」「異常だから」精神科へ行け!とおっしゃりたいわけではないと思うのです。

 

そこで,提案です。

 

先生と親御さんがケンカしても仕方がないので(先生には少なくともその年度中はお世話になるわけですし),ちょっと言葉足らずと思える先生の“真意”について尋ねてみてはどうでしょうか。

 

我が家ではこれまで特に気になることはなかったし,最近心配と思えるようになったこともないので,精神科を勧められてビックリしてしまった。なぜ先生は精神科へ行ったほうがいいと思われたのかをもう少し詳しく教えてほしい…。

 

そうすればきっと,先生がどんなふうにお子さんのことを見て心配してくださっているのかが聞かせてもらえると思います。

 

あるいは,お子さんに対して学校で何かできることはないかを専門家に聞いてきてほしい,という意図があったりするのかもしれません。

 

先生の説明に納得がいけば精神科を受診してみられてもいいでしょうし,それでもどうしても精神科は…ということであれば,「まずは相談カウンセリングに行ってみます」と先生にお返事してもいいかもしれません。

 

いちばん大事なことは,お子さんが毎日を過ごしやすく感じられるようになること。

 

お子さんが何かに困っているようなら,取り組みやすいところから対応してあげられたらいいですよね。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    matumii (月曜日, 02 5月 2011 01:07)

    はじめまして。
    私の娘(現在4年生)は逆で私自身が気になって相談したい(5~7歳のころ)と言っているのに、あなたのお子さんは全く問題ありません(これまでの健診の発達検査で全てパスしていたため)と言われ話も聞いてもらえませんでした。
    4歳下の弟がいるため赤ちゃん返りとも言われそんなものかと思っていましたが、どうも違うようで。。。
    やっと町の発達相談で相談の機会ができ、小2の春休みに検査したところ発達相談員の方に「医師ではないので診断はできないけどアスペルガーにほぼ間違いないでしょう。」と言われました。
    それまでに友達の話を聞いたり本を読んだりしてうすうす発達障害では?と思っていたのでやっと言ってもらえた!と思いました。
    言ってもらったからといって、何か生活が変わるわけでもないのですが気が少し楽になりました。
    発達障害という言葉すら知らなかったところからの戦いですのでここまでたどり着くのにかなり疲れました。
    疑わしき人物のみに告知するのではなく、健診などの機会に全ての人に対してこういう障害もあるのだということを知らせてほしいと思います。


  • #2

    child-mental-health (土曜日, 07 5月 2011 00:54)

    > matumiiさん
    コメントありがとうございます。見失ってしまって申し訳ありませんでした…。
    お嬢さんのこと,いろいろ大変だったのですね。たしかに,ほんの数年前までは乳幼児期の発達の遅れが顕著でなく知的な遅れのないこどもたちは,よほど目立った言動がない限りあまり問題にされることはなかっただろうと思います。支援者にも発達障害に関して十分な情報が行き渡っていなかったのでしょうね。
    ずっとお子さんのことを気に掛けてこられた親御さんは,診断がわかるとほっとしたと言ってくださることが多いですね。
    今はどちらかというと過剰診断のほうが問題にされがちですが,診断がついてもつかなくても,お子さんの特性・個性を理解してお子さんに負担が少ないように関わってあげたり,お子さん自身が自分の特徴をわかりながら,それをうまく受け容れながら成長できるようにサポートしてあげる大人の役割が大事なんじゃないかな,と思います。その点でもちろん親御さんはとても重要な存在ですが,別に親御さんだけで抱え込む必要はないと私は思っているので,相談に乗ってもらえるような支援者を身近に見つけられたらいいですよね。