何と言ってこどもを精神科に誘えばよいですか…?

家族教室などでお母さんお父さんとお会いしたときに聞かれることの多い質問です。

やはり,こどもさんご自身にも納得して受診してもらえるといいですよね。

 

「精神科に行ってみよう」と誘うときにぜひお子さん伝えてほしいことは,

 

「あなたのことが心配だから」

「あなたが苦しんでいるのをやわらげるために」

受診しよう,ということ。

 

「あなたのせいでみんなが困っているから」

「あなたは今正常な状態じゃなくなってると思うから」

という伝えかたにはならないように誘っていただきたいのです。

 

精神科には,まだまだネガティブなイメージがどうしてもつきまといがち。

「問題児だから,異常だから精神科に行かなくてはならない」という懲罰的な受診にはなってほしくなくて。

 

せっかく来ていただくなら,こどもさんにご自分の役に立つかたちで使っていただきたいのです。

 

お子さん本人に今何か困りごとがあるなら,それを楽にするために,と誘うのもよいと思います。

 

お腹が痛いなら,まずは小児科や内科でお腹の検査をしっかりしてもらって,それで異常がみつからなければ「ストレスでお腹の調子が悪くなることも多いらしいから,今度はストレスを軽くする方法を精神科で相談してみよう」など。

 

親御さんからの心配の気持ちが十分伝わっていて,自分の困りごとに寄り添ってもらっているとも感じられているのに,それでも精神科を受診するとお子さんが言わないときには…,

 

おそらく,精神科そのものへ抵抗感があるということだろうと思います。

 

でもきっと,お母さんお父さんだって,絶対に受診先が精神科でなくてはならないわけではないですよね? お子さんの苦しさを軽減するためなら,できることから何でも取り組みたいと思っていらっしゃるはず。

 

その思いをそのままお子さんに伝えて,たとえば相談やカウンセリングから始める,どうしても医師の診察が不可欠なら児童精神科医やこころの悩みに詳しい小児科医の情報を集める…いろんな選択肢の中で,できることからまず取り組んでみるというのはどうでしょうか。

 

いちばん大切なことは,お子さんとコミュニケーションをとりながら解決に向けて一歩一歩進んでいくことなんじゃないかな,と私は思います。

コメントをお書きください

コメント: 8
  • #1

    にゃん (火曜日, 14 9月 2010 20:52)

    精神科の受診は敷居が高いです。
    近年、各地の大学病院の小児科に児童精神科を扱う部署ができています。
    児童相談所長でもある精神科医から、「精神科に児童外来を設けるより
    小児科のほうが患者が集まる」と聞いたことがあります。
    精神科では入り口や待合室でも知り合いに会わないか心配ですし・・・。

    私の場合は病的とはいえ、思考に影響を及ぼす薬物を使うことへの
    抵抗が最大のネックでした。
    結局「自分にとって都合のよいものは何でも取り込んで進化するのが生命体だ」
    と、ある免疫学の書籍を読んで受診に踏み切りました。

  • #2

    child-mental-health (水曜日, 15 9月 2010 02:19)

    そうですね。精神科の敷居はまだまだ高いと私も感じます。

    小児科医がこどもの心の問題を扱ってくださることも増えてきましたし,特に低年齢のお子さんはそういう場を受診していただくほうが気軽でよいかもしれませんね。

    お子さんが楽になるために必要な支援が受けられるならば,それが精神科である必要はないのですから…。

  • #3

    gestaltgeseltz (金曜日, 17 9月 2010 14:02)

    はじめまして。

    私はSC時代たくさん医療受診(児童精神科)を勧めましたが、あんまり困ったこと(薦めても行かなかった事)は無かったですね・・・。
    ものすごく役に立ったということもなかったですがw

    親御さんへは「一度行っておいてもらえると、先生たちに個別のケアなどをお願いする時に、言う事を聞いてもらいやすい」って言ってました。
    本人さんへは、・・・まあ、あれやこれや言いました。普通に話せば言ってもらえるという感じ。

  • #4

    gestaltgeseltz (金曜日, 17 9月 2010 14:10)

    肝心な感想を書き忘れました。

    「あなたのためを思って・・・」と親があれこれ無慈悲にコントロールしている場合は結構多いと思います。
    また
    「今度はストレスを軽くする方法を精神科で相談してみよう」とありますが、精神科ってそんな相談に乗ってくれるかなあ・・・実際の所、診断と投薬の機関じゃないの?って感じです。
    色々相談されても、ドクターってそれに乗れるような時間や引出しを持ってますかね?

    ゆえにそのような薦め方はした事が無いです。したことないから手ごたえが判らないんですが。

    どちらかと言えば「通院するという事で具体的に何が起こるか」の説明と、「服薬のメリット・デメリット」についてしっかり心理教育することがポイントでした。
    特に薬物療法によって本人の困りごとの何が、どの程度改善すると見込まれているかについてある程度知識を得てもらい、通院のお得感を出す事が良いのではないかと思います。

  • #5

    child-mental-health (日曜日, 19 9月 2010 01:31)

    コメントありがとうございます。
    SCさんがお子さんを(児童)精神科につなぐのに困ったことがなかったというのは,きっと親御さんとの関係づくりを上手になさっていたからだろうと思います。担任の先生にしろSCさんにしろ,結構そこに苦心していらっしゃるケースは多いようです。

    こちらの地域は児童精神科専門機関がとても少なく,小児科や精神科のなかで児童を積極的に診ようとする医師がそれぞれの環境で工夫(通常の診療とは別にこどもを診る曜日や時間帯を決めて,30分~1時間の予約制の枠を設定するなど)をしていたりします。全国的にはそういうところってあまりないのでしょうか…。一般のクリニックなどではどうしても投薬だけになってしまったりするかもしれませんね。

    いずれにしても,おっしゃるとおり「通院するという事で具体的に何が起こるか」の説明と、「服薬のメリット・デメリット」についてしっかり心理教育していただけると私たちとしてもとてもありがたいです。通院することがお子さんの役に立つという気持ちをもって受診していただけるのがいちばん嬉しいですから…。

  • #6

    にゃん (木曜日, 11 11月 2010 03:38)

    gestaltgeseltz さんのおっしゃるとおり、
    「今度はストレスを軽くする方法を精神科で相談してみよう」
    などと言って精神科を受診したら失望するだけだと思います。

    私は長年精神科患者経験がありますが、うまくいかない・できない
    ことについて話しても
    「他のみんなはやっているよ。」
    と言った具合です。
    鬱状態がひどかったときに
    「朝どうしても起きられず授業を休んでしまった」
    と話したところ、
    「ぼくは朝9時から外来をやっているけど、自分の都合で10時からに
     変更したりはできないんだよ」
    と言われました。
    不潔恐怖のために触れないものがあると話しても、
    「ぼくにも潔癖な傾向はあるけれど、なんとか折り合いをつけて
     やっているんだよ!」
    とのことでした。
    自分ひとりで何とかできる人ばかりなら精神科医は全員失業
    するはずですが・・・。
    もはや精神科医は処方箋を書くだけの人だと割り切って
    つきあっています。

    一部の児童精神科医がじっくり時間をかけて診療していることは
    知っていますが、その恩恵にあずかれる人はわずかです。
    初診の待機期間が3年待ちという施設も聞いたことがあります。
    医療資源の公正配分という面で問題ありかと。
    受診したくてもできない人(あるいは保護者)も税金や健康保険料を
    払っていますので。
    臨床家としては目の前の患者に力を注ぐのは望ましいですが。

  • #7

    スミス (日曜日, 17 2月 2013 13:27)

    小5の妹が最近、原因不明のお腹が痛い、気持ちが悪いなどと言っています。
    病院にいっても同じ薬しかでないし、それと言って体調が良くなるわけでもなく、ご飯もあまり食べなくなるわで、家族の雰囲気もあまり良くありません…。
    一度、小児精神科に見てもらうべきでしょうか?

  • #8

    child-mental-health (日曜日, 17 2月 2013 23:29)

    スミスさん,コメントありがとうございます。
    スミスさんはごきょうだいでいらっしゃるんですね。妹さんのこと,ご家族みなさんご心配ですよね…。
    特に原因がないのに腹痛や気持ち悪さ(吐気などでしょうか?)がみられるとき,ストレスなどが影響していることもあります。今は一般小児科でお薬をもらっておられるのでしょうか。小児精神科ももちろん選択肢のひとつですが,相談機関などゆっくり話ができるところへ行ってみるのもいいかもしれません。まずは親御さんにご提案してみられてはいかがでしょうか。妹さんが快方に向かわれることをお祈りしています。また何かあったらコメントいただけたら嬉しいです。