2010年

10月

03日

ずっと同じ行動を繰り返している

お子さんが洗面所に行ってなかなか帰ってこないと思ったら,手に何度も石鹸をつけては洗い,つけては洗い…を繰り返していたことに気付いた,なんてことはありませんか?

 

手洗いに限らず,鍵を掛けたかどうか何度も確かめに行くため約束に遅れてしまったり,翌日の時間割どおりノートと教科書をカバンに入れたか確認を繰り返すのでいつまでの布団に入れなかったり…そんな行動がみられることもあります。

このような行動は,強迫行為と呼ばれるものです。

 

お子さん本人だって,決してやりたくて何度もやり続けているわけではないのですが,どういうわけかちゃんとできたかどうかすごく不安な気持ちになって(この強い不安のことは強迫観念と呼ばれます),繰り返し何度も行動することで安心しているのです。

 

繰り返し行動にはまってしまったお子さんの姿を見ると,お母さんお父さんはとてもご心配なことと思います。

 

そして「あんなにお水を使って…」「もう石鹸がなくなってるし…」とエコな心からも強迫症状はもったいない,やめてほしいというお気持ちになられるかもしれません。

 

ミスがないように確認をしたり清潔を維持したりしようとすることは,本来私たちにとってとても役に立つ能力で,脳の働きとして備わっているもの。

 

でも,それが極端に出過ぎてしまっているために日常生活に支障があったり,ご家族を巻き込んでいろいろなことが立ち行かなくなったりしてしまっている…そんな状態だと考えられます。

 

 

対応・治療法

 

大事なことは,お子さん本人だって好きでこれほど何度も同じ行動を繰り返しているわけではないということ。

 

そばで見ていると気になったりイライラしたりすることもあると思いますが,「もういい加減やめたら?」「どうしてそんなことにこだわるの?」とお子さんを問いただしたり責めたりするようなことばを掛けても,ただつらい気持ちにさせてしまうだけにもなりかねません。

 

やりたくないのにやめられない,そのお子さんのつらさに共感して「やめたいのにやらずにいられないなんてしんどいね。そのせいでくたくたに疲れてしまっていないかと心配…一度相談に行ってみようか?」と相談や受診を勧めてあげていただけたら嬉しいです。

 

治療として,ひとつは薬物療法,そしてもうひとつは不安な気持ちが高まって安心するための強迫行為をしたくなったとき,いつもの行動をせずに不安な気持ちがおさまるのを待つ,という心理療法(認知行動療法)があります。

 

お母さんお父さんにぜひ知っておいていただきたいのは…,

 

それは不安がおさまるのを待ちきれなかったり,自分の強迫行為だけでは安心できなかったときなどに,お子さんからご家族に対して「ホントに大丈夫かな?」「母さんも鍵確かめてくれた?」と確認を求めてきたときのことです。

 

ご家族にしたら,お子さんが安心できるように「大丈夫,大丈夫」「母さんと一緒にもう一回見に行こう」などと応じたくなると思います。

 

でも,これが実は逆効果。

結局はもっとお子さんの不安を高めることになってしまうのです。

 

お子さん自身が,自分の力で不安がおさまるまで強迫行為をしない力をつけられるよう,「一緒に確かめてあげたいけど,あなたの治療をうまく進めるためにそれはできないからゴメンね」って上手に断ってあげてください。

 

そして,確認を手伝う以外の部分でしっかりお子さんをサポートしてあげてください。

 

それで十分,お子さんにとっては心強いことと思います!

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    しほ (日曜日, 12 4月 2015 22:38)

    少し様子をみたほうがよいのか受診したほうがよいのか悩んでいます。少しでもよくしていくには、どうしたらよいですか?
    何が原因で、不安な気持ちになっていったのか?ストレスかな?教えて下さい。

  • #2

    なお♪ (月曜日, 13 4月 2015 07:39)

    コメントありがとうございます。
    お子さんに(ですよね?)今こういった症状が出ているとしたらご心配ですよね。
    何かしんどいことがあるのかもしれませんが、その理由を問われてもお子さん自身が言葉にできるかどうか、あるいはしんどい理由を自覚しておられるかどうかはわかりません。
    お子さんとお母さんだけで原因をつきとめようとお話しされるよりも第三者の力を借りた方が解決が早いのではないでしょうか。
    相談先はいきなり医療機関でなくても、たとえばお家以外でのお子さんの様子をよく知るひと(担任の先生など)や、お近くの保健所にいる保健師さんなどでもいいと思います。そういったところから、例えばカウンセラーや医療機関を紹介されることもあります。
    症状を改善できる手立てが早く見つかるといいですね。
    またいつでも書き込んでくださいね。