「家族支援」にこだわる理由

私が診察室で取り組みたいと思っている大きな柱のひとつは「家族支援」です。

このサイトを立ち上げたのも,直接お子さん本人へ情報発信するというよりもむしろご家族にお子さんについてのいろいろな情報をお伝えしたかったからだったりします。

もちろん,お子さんご本人をサポートすることもすごく大切だと思っているのですが,私が特にご家族への支援を大事に思う理由は,やっぱりご家族の力はお子さんにとって本当に大きいと感じているからです。

いくら児童精神科医という立場であっても,まだ知り合って間もない私が月に1回程度,それも数十分そこそこ一緒に話をすることよりも,赤ちゃんのときからお子さんのことを知り尽くしていて,今もお子さんを身近で支えてくださっているご家族からの支えのほうがずっと有効…そんなのはあたりまえのことですよね。

それなら,私がこどもの前にひとりしゃしゃり出て何か特別なことをするよりも,ご家族に最大限の力を発揮していただきながらお子さんをサポートさせていただくほうがずっと効率がいい…もちろん私も楽だし(失礼!),何よりお子さんのつらさを早く取り除くことができるだろうし,お子さんが早く元気になられたらご家族だって心配が早く解消することになりますね…そう,みんなにとって負担が少なくて済むと思うのです。


一般的な医学的知識と,他のご家族と治療をともにした経験のなかで「ご家族のもつ力のすごさ」を知っているのは私。

お子さんのことをいつも身近で見ていていちばんよく知ってくださっているのはご家族。

そして症状と向き合う覚悟を決めて,直接症状を克服したりやり過ごしたりする行動を起こせるのはお子さんだけ。


それぞれの専門性を結集すれば,とっても頼もしい治療チームが結成できそうですよね。
…そんなことを考えながら,診察室に座っています。


ご家族の力のすばらしさにはいつも本当に助けられていますし,これからもたくさんお世話になると思います(笑・でも本音です)。

ぜひご家族には安心してリラックスしてお子さんの治療のために力を発揮していただきたいのです。

そして,そのために私にできることがあればぜひ取り組ませていただきたいなぁ…と考えています。

 

ブログトップへ