2010年

10月

15日

じゃあ,発達障害って…(特性編)

改めて,発達障害って何だろう? ということを考えてみたいと思います。

発達障害は英語の developmental disorder を訳したことばです。

developmental は「発達の」ですが,disorderがちょっと曲者。

一般的に知られている disorder 訳は「障害」ですが,そもそもこれが誤解のもとなのかもしれません。

disorder という語の dis- は否定をあらわす接頭辞です。たとえば,

like:好き → dislike:嫌い
appear:現れる → disappear:消える

のように,後ろにくっつく言葉を否定する役目を果たしています。

では order はというと,「順序」とか「自然の秩序」とか「規則」といった感じ。きちんと揃って並んでいる,といった雰囲気がありそうです。

つまり, disorder は「無秩序」であるということ。

発達が無秩序ということは,発達すべき順番どおりには能力が身につかなかったり,さまざまな能力がバラバラと伸びてきたりすることを表します。

特定のことはすごく得意だけどある別のことではとっても不得意だ,とか,これはこんなにできるのに別のことになるとじつはかなり苦手だ,とか。

…でも,得意と苦手なんて,結構誰でも持ってたりしますよね?
正直な話,私だって得意なことと苦手なことのムラがありまくりです。本当に!

いずれにしても,発達障害とは,心や能力のいろいろな面の育ちかたにバラツキやデコボコがあること。

そして,そのバラツキは小さいときから現れて,基本的には生涯持ち続けるそのひとの特性であると言われています。

…次回に続きます。

 

発達障害について へ

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    rinrin (金曜日, 15 10月 2010 20:03)

    こんにちは。発達障害とは関係ないのですが、パニック障害ってpanic disorderですよね。障害っていうのは抵抗あるけど、実際いろいろなことが思うようにできなくて「障害」となっているのは事実ですよね。パニックは無秩序とは違う気がしますが、どう考えていらっしゃいますか?

  • #2

    child-mental-health (金曜日, 15 10月 2010 20:54)

    こんにちは。次回のテーマにうまく続くようなご質問をいただき,ありがとうございます。まるで先を読まれているような…(笑)。

    私は,発達障害というものが意味するものはふたつあると思っています。そのうちひとつが今回書いた「発達の無秩序」です。

    そして,もうひとつがパニック障害のように「障害をもたらすもの」としての発達障害です。それは次回取り上げようと思っています。

    …今のところ中途半端なお答えしかできなくて申し訳ありません。

  • #3

    @halnak (土曜日, 16 10月 2010 08:52)

    disorder
    結局この説明から始まりますね。

  • #4

    child-mental-health (日曜日, 17 10月 2010 01:18)

    コメントありがとうございます。
    やっぱり言葉のイメージが先行するところがありますから,「私はこんなふうに考えているんですよ」というところからお伝えするよう心掛けています。
    先生にそう言っていただけると心強いです♪