発達障害の二次障害って…

発達障害の“二次障害”ということばも耳にすることが多いかも知れません。

二次障害とは何かというと…,

発達障害が一次的な障害として社会生活に影響を及ぼしているとき,そのことが原因となって別の難しさがかぶさってくることを二次障害と言います。

 

ちょっとわかりにくいですね。

 

もしもこどもさんが発達障害特性をもちながら社会生活上は特に困ることもなく過ごせているならいいのですが,発達障害の特性によって,たとえば学校の授業がうまく理解できずにとても困っている状況にあるとします。これが一次障害。

 

学校の勉強が理解できていないことを,先生に「どうしてちゃんと勉強しないんだ?」「何度言ったらわかるんだ!」と怒られたり,クラスの子に「あいつまた間違えてるぜ」とからかわれたりして,自信をなくして落ち込んだり学校へ行くのが怖くなってしまったりするかもしれません。これが二次障害。

 

二次障害として,さまざまな精神症状が現れることがあります。

抑うつ,陽性症状(幻覚・妄想),強迫症状,不安症状,そして不眠のようにこころの不調による身体症状も起こってきたりします。

 

こうした精神症状がきっかけで児童精神科・精神科・小児科などの医療機関を初めて受診するというケースも少なくありません。

 

そしてときには,イライラして物にあたったり,家族を叩いたり,学校や地域など集団のなかで社会的ルールを破るような行動をとるといったかたちで二次障害が出現することもあります。

 

これらの行動がきっかけで,相談機関や警察などへつながるというケースもあったりします。

 

二次障害は,発達障害特性という「生まれつき心や能力の育ちにバラツキがある」ことがわかりにくいために起きてしまう,とても残念な現象。

 

周りのひとに発達障害特性があることを気付いてもらえないために,小さいときから怒られたり責められたりからかわれたりすることが繰り返されてしまいやすい。

 

そして,こどもさん本人も「一生懸命やっているのになぜ自分だけうまくいかないのだろう…?」とその理由がわからないまま自分を責めたりガッカリしたり傷ついたりといった経験を繰り返してしまいやすい。

 

それなら,早いうちに「うまくいかないのはその子自身のせいじゃない」って,周りにもこどもさん自身にも気付いてもらえたほうがいいのかもしれませんよね。

 

でも,「発達障害」というものが何なのかよくわからない状態で「今苦しいのは,あなたのせいじゃなくて発達障害特性をもっているためなんだよ」と言われても,それがいくら伝える側の厚意であったとしても,伝えられた側はどう受け止めていいのかわからず戸惑ったり悩んだりしてしまうのでは…とも思います。

 

だから,まずは発達障害というものについてたくさんのひとにあたりまえのこととして知っていてほしいな,と私は考えているのです。

 

発達障害について へ

コメントをお書きください

コメント: 17
  • #1

    Maa-chan (土曜日, 23 10月 2010 00:40)

     スクールソーシャルワーカーとして,何人か「二次障害」だろうと思われるお子さんと関わっていますが,周囲が「二次障害」=発達障害(を含め発達に何か課題があるのでは?)ととらえていないと,ますます二次障害を悪化させていると感じます。
     最終的に司法領域でなければ対応できなくなり,ますます傷ついてしまう,ということも起こりえていると思います。

     二次障害が顕著になってくるのは,小学校高学年頃かなと感じています。
     そう考えた時,スクールソーシャルワーカーとスクールカウンセラーがもっと丁寧に関われる体制が整備され,教員とソーシャルワーカー・カウンセラーの連携で学校内で見守ることと同時に,保護者の方への協力依頼や,その後の医療機関連携等を,チームとなって取り組んでいけることが必要かなと思っています。

     また何より,幼児検診(3歳児頃)ないしは幼稚園・保育園での丁寧な観察と,福祉・保健・心理・医療との連携による「早期発見・早期療育」体制が整うことも必要ですね。

  • #2

    denden171 (土曜日, 23 10月 2010 08:58)

    先生お久しぶりです。
    お元気でお過ごしでしょうか?

    最近発達障害に関する講演を聴きに行ったのですが、
    「支援とは、幻想を捨て希望を抱かせること」
    と言う言葉に非常に感銘を受けました。

    幻想は、その子本人は勿論の事、
    親御さん自身にも深い悩みのスパイラルに
    陥ってしまうな、というのが実感としてあります。

    また希望ですが、障害は大抵の場合、
    適切なサポートを受ければ、
    確実に子どもが生きやすくなると思います。
    特に学習において、公民館でサポートが出来ないかな~と思い、
    審議委員になってみました。(応募者5人のウチの一人です)
    今の制度では、私のような家庭教師は公民館で活動できません。
    また、市の人いわく、学校での支援員の数も足りないようです。

    運よく支援を得られたり、
    運悪く見落とされる事が無いように、
    また、支援者の質と量が向上するのも重要だと思います。
    子どもが等しくサポートを受けられる事が、私の人生の目標です。
    また、色々ご意見をお聞かせくださいね!
    ブログの更新を楽しみにしております。

    追伸:最近「精神科セカンドオピニオン」
    と言う医学書を少し読みました。二次障害だけでなく、
    発達障害を見落とした上での、薬害に苦しむ子供(三次障害?)
    の実態も書いてありました。改めて、子供たちをよく観察し、
    話を聞く事の重要さ、加えて、親御さんや本人の愚痴の中にある
    しんどさの意味を考えなければと思いました。

  • #3

    Rin5papa (土曜日, 23 10月 2010 20:43)

    そうですね。
    周囲の人たちの理解が2次障害を防げると思います。
    しかし、本人、家族が障害受容出来ないというケースがやはり多いのでしょうね。

    例えば、職場などで発達障害っぽいな。という人がいた場合
    どのような形で伝えたらいいのでしょうね。

    悩むところです。

  • #4

    child-mental-health (月曜日, 25 10月 2010 23:01)

    > Maa-chanさん
    コメントありがとうございます。レス遅くなってごめんなさい。

    本当におっしゃるとおり,児童思春期のこどもたちに何らかの精神症状がみられたときには,ベースに発達のバラツキによる困難さがあるかもしれないと意識を向けることがすごく大事だと私も思っています。

    早期発見・早期介入もとても大切だと思うのですが,幼児期にはあまり発達のバラツキの目立たないタイプのこどもたちも多いので,やっぱり適応困難を抱えた時点で確実に必要な支援が届くように…というのが現実的なのかな,とも思います。

  • #5

    child-mental-health (月曜日, 25 10月 2010 23:26)

    > denden171さん
    ご無沙汰しております。こちらのブログまで来ていただいてとても嬉しいです♪

    「幻想を捨て希望を抱かせる」…本当にそうですね。
    期待しすぎないでほしいけれど,でもガッカリしすぎる必要もない…大変かもしれないけどやりようはあるから,これからのことを一緒に考えて取り組んでいきましょう,ってお伝えできたらいいなぁと私も思います。

    学習面でのサポートもこどもたちにとってすごく重要ですよね。自分に合ったやりかたがあるんだ,とか,学ぶこと・わかることって面白いんだ,とか感じられると意欲が変わりますもんね。学習支援のお話もぜひまた聞かせてください。

    「精神科セカンドオピニオン」,多少極端なところはあるかもしれませんが,先生の基本的なお考えには賛同しています。自分の手の届く範囲でできることにはなりますが,私も積極的に取り組んでいきたいと思います。

  • #6

    child-mental-health (月曜日, 25 10月 2010 23:43)

    > Rin5papaさん
    コメントありがとうございます。

    二次障害を防ぐには周りのひとの理解がとても大切ですよね。もちろん,二次障害のすべての原因が周囲のひとにある,というわけではありませんが…。

    自分の周囲で発達障害特性をもつひとに気付いたときは,そのひとの苦手さをさりげなくサポートするのがいちばん大事なことだと私は思います。不得意そうな作業をフォローするとか,相手にわかりやすい伝えかたをするとか…。

    診断名を伝えることがご本人に直接とても役立つということは正直言ってあまりないのではないでしょうか…私は医師なので診断を伝えるという作業を求められることがありますが,「診断を知りたい!」と希望して来られて,かつ診断をお伝えすることがプラスになると判断されるような状況が整っているとき以外,わざわざ診断名として発達障害と伝えることはしないようにしています。

  • #7

    そよかぜ (金曜日, 16 9月 2011 11:46)

    はじめまして
    いろいろなブログを見ましたが、先生のようなあったかいブログにもっと早くお会いできていればと思います。
    子供が二次障害になり、今通院中です。
    この1年間、そのこと(背後に発達障害がある)がわからず、苦しみやっとセカンドオピニオンでわかりました。先生がされているグループワーク(引きこもりの若者)に興味があります。よかったら詳しく教えてください。

  • #8

    child-mental-health (日曜日, 18 9月 2011 23:48)

    そよかぜさん,コメントありがとうございます。
    お子さんのこと,きっといろいろご心配ですね。お子さんが抱えていらっしゃる難しさがはっきりしたことがある意味で安堵につながっているならばよいなぁ…と思います。
    私の勤務先などはこちらではオープンにしていませんのでお誘いするわけにもいかなくて申し訳ないのですが,今やっているグループワークは月に1回くらいのペースで固定メンバーが5名くらいが集まり,そこへスタッフも5名ほど入って,1回の時間を認知行動療法的な「学び」とみんなでスポーツなど楽しい活動をする「遊び」の時間に半分ずつ費やすような感じです。初回はみなさんカチコチに緊張されていますが,回を重ねるうちにメンバー同士も少しずつ打ち解けてきて,家族以外の人と一緒に過ごせることがみなさんの自信につながっているような印象を受けています。
    …こんな説明でよかったでしょうか。ご不明なところはまた重ねてご質問いただければと思います。

  • #9

    いちご (月曜日, 26 8月 2013 17:22)

    はじめまして。
    娘が、アスペルガー症候群と診断されました。(高校生です)
    二次障害が起こっていて、学校へなかなか思うように登校できません。
    そのいら立ちと、ほかにも色々と重なり、最近は、イライラが物凄く、乱暴な言葉を吐き、昔の不満をぶつけてきます。
    対応が、難しく手に負えなくなっています。
    病院へは、通院していますし、薬もきちんと服用していますが、娘の気持ちが満たされないため、効果があまりありません。
    今後、家族として、何をしてあげればよいのかわからなくなっています。
    どうしたらよいのでしょうか?

  • #10

    child-mental-health (月曜日, 26 8月 2013 23:27)

    > いちごさん
    コメントありがとうございます。お嬢さんのこと,ご心配ですね。
    高校へ思うように登校できないとのことですが,お嬢さん自身が登校したいと思っていらっしゃるのでしょうか。それとも,学校でしんどいことがあって登校したくないのに「学校には通わなくてはならない」という思いがあって苦しんでいらっしゃるのでしょうか。

    いちごさんからみられて,お嬢さんが登校できなくなっているしんどさの原因として何か想像できることがありますか?

    主治医の先生もいらっしゃるようですが,いちごさんのおっしゃるとおりお薬を飲めば解決するという類の問題ではないようにも感じます(もちろんお薬を飲むことで何らかの症状は楽になっているのだろうと思いますが)。

    高校生ということですので,欠席できる日数にも限りがあるでしょうし,ある程度の成績も確保しないといけないというプレッシャーもあるはずです。本当に(もしかして留年するとしても)今の高校に続けて通いたいと思えるのか,それなら学校とどんな連携が取れるのか,あるいは転校なども視野に入れてこれからのことを考えたほうがいいのか…もうすでにいろいろご検討されているかもしれませんが,少し選択の幅を広げながらこれからのことをご家族で相談されてみるのもいいのかもしれないな,と拝見しながら思いました。

    主治医の先生ともよくご相談されてみてくださいね。
    お嬢さんにとって過ごしやすい選択が見つかることを祈っています。

  • #11

    いちご (木曜日, 29 8月 2013 16:09)

    お返事有難うございます。

    娘は、中学校時代のいじめがもとで、学校への適応障害が起きてしまっています。高校への期待を膨らませ、なるべく同じ中学校の生徒がいない学校を選びました。
    担任の先生も、クラスの友達もとても良い方が多く、娘にも気を使ってくれていただいています。
    しかし、中3の後半を出席出来ないでいたためか、授業を受けることが、困難になってしました。

    授業中の静けさが、怖いというのです・・・
    一人になるのが、不安なんだそうです。
    過呼吸になり、一時間の授業が、なかなか受けられない状態です。

    負担の少ない学校への転校を私は、考えていますが、本人が出来るところまで頑張ってみて、ダメならその時に・・・
    と言っています。

    苦しいだろし、家族も大変な思いをしなくてはなりませんが、今は、応援するしかないと思っています。

    イライラの状態がなければ、素直な性格なのですが、一度イライラが始まると、人が変わったように、乱暴な言葉づかいになったり、大声を出したりしてしまいます。

    なんとか、以前のように、明るく友達と遊ぶことが大好きだった娘に戻ってほしいと願う毎日です。

  • #12

    child-mental-health (土曜日, 31 8月 2013 23:16)

    > いちごさん
    お返事ありがとうございます。

    そうでしたか,いちごさんは負担の少ない学校への転校を考えていらっしゃるけれど,ご本人はまだ今のところでがんばりたいと言っておられるのですね。

    今の高校に何か後ろ髪を引かれるような思いがあるのかもしれませんし,たとえ転校したほうが過ごしやすくなるとわかっていても環境を変えることのほうがとても不安なのかもしれませんね。

    現時点では,今の高校を続けたいというお子さんの思いを応援するというスタンスを示しつつ,「高校を辞めた・移ったところで,あなた自身は変わらず大切な存在」ということもうまく伝えられたらいいですね。

    今の学校の通いつつストレスをためて帰って家でストレスを吐き出すのであれば,その不眠やイライラの部分には薬物調整が有効かもしれません。お子さん自身の困り感に寄り添いながら,主治医の先生に薬物療法について相談してみていただけたらと思います。

    また経過をお知らせくださいね。

  • #13

    いちご (土曜日, 14 9月 2013 09:53)

    娘が、病院への診察を拒否し、薬も飲まないと言い出しました。最近二回ほど、安定剤をオーバードーズし、病院へ行きましたが、そのあとの診察で、大暴れしてしまい、大変な思いをしました。
    それから、薬は飲まないし、家では荒れるし、家族は手の施しようがなくなり、困っています。
    学校にも行けなくなり、ますますイライラがひどくなっています。

    胸が、苦しいとも言っています。
    どうやって助けてあげたら良いものか...

    昼夜逆転しているので、夜騒がれるとそれに付き合うのもキツくて。

    なんとか、治療をするように思ってくれるとよいのですが。

  • #14

    まどか (木曜日, 07 11月 2013 00:19)

    こんばんは。支援級に子供を通わせていますが、声かけのしかたや対応、環境作り等が出来ていなく何を言っても改善がありません。手がかかるので放置状態の時もあり自信がなくなって二次障害になってる状況です。わざわざ支援級に入れたのに教員の知識のなさにガッカリです。学校にも行きたくない!と始まって学校に行くと不安定になって帰ってくるので、どうしたら良いのでしょうか?現在は、あまりに酷い状態の時は休ませています。

  • #15

    child-mental-health (火曜日, 12 11月 2013 23:46)

    > いちごさん

    ずっとコメントへのお返事が返せていなくてごめんなさい。
    その後落ち着いていらっしゃるでしょうか…?

    診察を受ける目的が自分自身のメリットになることだとお嬢さんが感じてくださるといいのですが,自分を学校に行かせるための受診だとか,まわりの人の安心のために服薬させられているとか感じると,医療に対する拒否感が出てしまうのでしょうね。

    お嬢さんが受診すると自分にとっていいことがあると実感してくださればいいなぁ…と思っています。

  • #16

    child-mental-health (水曜日, 13 11月 2013 00:01)

    > まどかさん

    コメントありがとうございます。
    支援級での「支援」体制が期待していた姿と違って残念に感じていらっしゃるんですね。

    本当に残念なことですが,支援級の担当の先生が発達障害に関する知識が豊富で支援に慣れていらっしゃるとは限らない,というのが現状なのかなと感じることはしばしばあります。

    支援級を選んでも登校するのがつらそうなので休ませているという親御さんや,雰囲気のよい支援級を求めて転校する親御さんにお会いすることもあったりします…。

    担当の先生や校長先生にお子さんのしんどさを説明して対応をお願いしてもなかなか聞き届けていただけないのであれば,欠席もやむを得ないのかしらと個人的には思っています。

    いちばん大事なことは目先の出席日数を稼ぐことよりも,お子さんが自分自身のことを好きだと感じながら大人になってくれることだと思うので,ぜひ冷静に,柔軟に考えていただけたら嬉しいです。

  • #17

    まどか (木曜日, 14 11月 2013)

    お返事ありがとうございます。
    先日、コーディネーターの方と話をして主任と担任に注意をしてもらいましたが、今度は家のせいにする始末です。甘やかしてるからだとか、怠けグセがついてると嫌味を言われ、こちらの対応には非がないし問題がない!と言われましたが、お友達に聞くとウチの子供の事を『ぐずおくん』呼ばわりしてるそうです。
    最悪なので、転校も視野に入れて休ませていたのですが連れてこい!と何度も言われて心身共に疲れました 。学校の先生の質の差にがっかりです。