自分チェンジから始めよう!

先日もちょっと書きましたが,ここ最近の移動の友「7つの習慣 ティーンズ」,少しずつ読み進めています。

診察室で会うこどもたち,若者たちに伝えたくなるような内容がいっぱいです!

今の病院では就学前のお子さんから80代のおじいちゃんおばあちゃんにまでお会いすることがありますが,いちばんたくさん来てくれるのはだいたい中学生~大学生の年代の患者さん。

そして,彼たち彼女たちの大半はそれほど激しい精神症状がみられるわけではなくて,どちらかというと学校とか家庭とか身近な環境へうまく自分を適応させることができなくて悩んでいる,という感じだったりします。

これは「7つの習慣 ティーンズ」にもちょっと書かれているのですが,ほかのひととうまくやって行くことももちろん大事だけど,その前にまずは自分とどうつきあうか,どう向き合うかということがとても大切だと思うのです。

自分の意思で「こうしよう」「こっちを選ぼう」という判断がちゃんとできて,その決定に従って実際に進み始めることができて,そして進み続けることができる。

自分で選ぶとか,取りかかるとか,継続するとか,習慣になってしまえばあたりまえに楽々できることかもしれませんが,やり慣れていないと案外難しいですよね。

でも,もし今うまくできていないなら,これから身につけていけばいいこと。
だんだん習慣にしていけばいいですよね。

自分とうまくつきあえるようになったら,まわりの環境とのつきあいかたも上手になるはず。

まわりとうまくやりたいばっかりに相手に合わせすぎてしまったり,まわりを圧倒しようとして激しくぶつかったりせずに,ほどよい距離を保って過ごしやすくなるだろうと思います。

だから,まずは自分を丈夫で揺らがない存在にしていくことから取り組んでほしいと思うのです。

もしかしたらそれは,今すぐ学校に行けるようになることよりも大事なことかもしれません。

少しずつエネルギーを蓄えて,自信をちょっとずつ積み上げて,「もっと好きになれる自分」を自分自身の手で育てていってほしいなぁ,と思っています。

ブログトップ