続けてみてわかること。

先日から試しに実行していたこと,昨日で無事最終日を迎えました。

それは「21日間毎日,その日感謝したこと5つずつ記録する」というもの。

昨日まで毎日続けることができました。

21日間やってみて気付いたことは,毎日身近なひとたちに支えられて生きているんだなぁ,ということ。

あたりまえのことだけど,改めて実感することができました。

やっぱり家族と過ごす時間が長いので,こどもや夫に感謝することがとても多くて。

記録してもしなくても家族の言動が変わるわけではない(はず)なのですが,記録に残すことで「あー,あんなことしてもらったなぁ」「あんな言葉を掛けてもらったなぁ」というのが記憶にも残りやすくなるようで…,

たまにこどもや夫の行動にイライラしたりカチンと来たりすることがあっても,なんだかあまり腹が立たないのです。

記録することって大事なんですね。

それに,毎日5つ感謝したくなるような嬉しいことが起きるという前提で過ごすのもとてもよかったなぁ,と感じています。

これからも,毎日記録するとまではいかなくても感謝する気持ちを大切にして日々を過ごそうと思います。

興味のある方がいらっしゃったら,ぜひ実行してみてくださいね♪

ブログトップ