2011年

2月

08日

こどもからキツイことばを掛けられるんです…?

お母さんから,思春期~青年期のお子さん(女の子のほうが多いかな?)についてよくお受けするご相談です。

「娘が何かにつけて突っかかってくるんです」
「どんなことでも私を責めてくるんです,『母さんは何もわかってない,役立たず! 信用できないし,頼りにならない』って」

最近お受けしたケースだと,お子さん自身は不登校だったりひきこもり傾向にあったりして,あまり社会やまわりの環境にうまく溶け込めていません。

だからお母さんとしては,お母さんが何か手伝えることがあるなら手助けしたいと考えていらっしゃって。

でも,お母さんの思いで手伝ってみると,…

「もう,いつも余計なことばっかりして!」
「そんなふうにはしてほしくなかったのに!」

とお子さんは不機嫌になったりお母さんを怒ったりするのだそう。


「せっかくお子さんのためを思って行動されたのにねぇ。それで,その後お母さんはどうされたんですか?」

とお聞きすると,こんなお返事が戻ってきたりします。

「あなたができてないから仕方なく私がやったんじゃないの! だったら自分でやりなさいよ」
「文句ばっかり言うんだったら,母さんはもう知らないからね!」

そして,母子のバトルに突入するとのこと…。


お母さんにしてみたらよかれと思ってお手伝いしたことなので,お子さんが不機嫌になるなんて納得がいかないかもしれません。

でも,ケースバイケースだとは思うのですが,もしかしたらお子さんはきっとご自分でやるべきことができていないことにそもそも自分自身でガッカリしている状態なのかもしれません。

誰かに助けてほしくて(その誰かは,いちばん身近なお母さんである可能性が高いのですが),でも助けて欲しいとは言えなくて。

お子さんが口にしなかったとしても,お子さんのニーズが的確に読めてしまうお母さんは,お子さんから頼まれないうちにお子さんの望みを叶えることができてしまいます。

それがお子さんの願ったとおりだったら…お子さんはちょっと悔しい気持ちになるかもしれません。

お母さんのやったことがお子さんの理想と少しでもズレていたら…自分が行動できなかった歯がゆさを,自分の理想とのズレにぶつけて八つ当たりをしたくなるかもしれません。


お子さんの希望にぴったり合ってもぴったりじゃなくても,お子さんはお母さんの手助けを素直に喜んで受け容れられるようなこころの状態ではないとしたら…,

手伝わないほうが得策なんじゃないのかな,と私は思います。

少なくともお子さんのほうから「これをこうしてきてほしいんだけど…」と具体的にお母さんに頼んでこないうちは,お母さんからアクションを起こさないほうが穏やかに過ごせるかもしれません。

もちろん,具体的にお子さんから頼まれたとしたら「それは本当にお母さんが代わりにすべきことか?」を考えてみることも大切なことだと思います。


お子さんが苦しんでいる姿を見るのは,親御さんにとってもすごくつらいこと。

お子さんを見守っている親御さん自身に,余計なバトルでこれ以上疲れを負ってほしくないなぁ,と私は思うのです。

上手にお子さんとの距離をとりながら見守っていただけたら嬉しいです♪

こんなときどうする