こどもたちと地震報道。

これだけ大きな災害が起きて,被災地の方は本当に大変な思いをしていらっしゃることと思います。心からお見舞い申し上げます。

被災地ではおとなの方々ももちろんですが,こどもたちはおとな以上に不安や恐怖に襲われているかもしれません。

そして,被災地以外の場所でも,ニュース報道などを観ながらただならぬ恐ろしさを感じているこどもたちがたくさんいるのではないかと思うのです。

被災地でのこどもたちへの支援は今私にはできないけれど,このブログを読める状態にあるお住まいのこどもたち(とその親御さん)に向けてこの記事を書きたいと思います。


大きい災害と聞いて,精神科のことばとしてまず思い浮かぶのがPTSD(Post-Traumatic Stress Disorder:心的外傷後ストレス障害)かもしれません。

じつは,PTSDの診断基準にはこんな定義が入っています。

「危うく死ぬまたは重症を負うような,自分または他人の身体の保全に迫る危険という出来事を一度以上,その人が体験し,目撃し,または直面すること。」

この診断基準のことばを引用したのは,別に誰もかれもがPTSDだとか言いたかったわけではなく,自分自身の身に危険が迫ったときだけでなく,自分以外のひとが危険に晒されるのを見ただけでもこころに大きな衝撃を与えうるということを私たちは認識しておかないといけないな,と思ったのです。

被災地から遠く離れた場所にいて,本人自身には何の危険も迫っていなかったとしても,こどもたちはニュースを見ていろいろなことを感じ取るはずです。

当然と言えば当然ですが緊急ニュース以外のテレビ番組はこれまでほとんどなかったですし,おとなたちもニュースが気になるのでテレビはずっと着きっぱなしの状態(ではなかったでしょうか? 少なくとも我が家はそうでした)。


お子さんは被災地の報道を観たがらないかもしれませんし,逆に気になって熱心にテレビを観るかもしれません。


もしも観たがらなかったとしたら,どうか「観なくていいよ」と伝えてあげてください。

お子さんにとって面白い番組じゃないから観ないのか,とても怖い気持ちがするから観ないのか,それはわかりません。

たとえこどもであっても現実のできごとを直視すべきだというご意見もあるかと思いますが,でも「観ない」という選択肢をお子さんのために残しておいてあげてほしいのです。

「お父さんとお母さんは心配だからニュースを観たいんだ。でも,キミには怖いかもしれないし楽しくないかもしれないから,好きな遊びをしてていいよ」って伝えてあげてください。


もしもお子さんがテレビを観ようとするなら,ぜひ一緒に観てあげてください。

これまで観たこともないような光景を観てお子さんは「これは何?」「どうしてこうなったの?」といろいろ疑問がわくかもしれません。

お子さんにとってわかるようなことばで,何が起きているか説明してあげてください。

地震とは,津波とは,避難所とは,原発とは,…おとなにはあたりまえのことばも,こどもにはわからないことだらけだと思います。


残念ながらたくさんのひとが命を落としたこと,たくさんのひとの居場所がまだわからないこと。

家や車を失ってしまったり,家族と離ればなれになってしまったひとがたくさんいること。

そして今,助かろうとして,助けようとして,一生懸命なひとたちがたくさんいること。

遠い国からも応援に来てくれていること。

みんなで力を合わせてこの大変なできごとに立ち向かっているということ。


こどもたちが知りたいと思う情報はしっかり伝えてあげて,知りたくないことは知らないままにしてあげて,そしてお子さんにとっての日常生活はきちんと保ってあげることはとても大切なことだと思います。

被災地から離れて暮らすおとなたちだって動揺しているけれど,こどもたちに安心感を伝えるにはお母さんやお父さんがこころを落ち着かせて接することがいちばん。

被災地のみなさんのことを心配しながら,でもお子さんのためにもどこかで平常心も保ちながら,毎日を過ごしていけたらいいのかな,と思います。

ブログトップ