大学生活と発達障害支援

今日はちょっといつもと違うお仕事に出掛けてきました。

先日ちょっと記事に書いていましたが,「大学生の発達障害」というテーマの研修会の講師として呼んでいただいたのです。

前も書いたとおり,社会に出る一歩手前でとても支援を必要としていながらなかなか支援を受けづらい状態にあるのが,発達障害特性をもつ大学生たちだと思うのです。

だからこそ,こういうテーマで講演依頼をいただけることがとても嬉しくて。

講演予定時間をめいっぱい喋らせていただきましたが,そのあとの質疑がとても盛り上がって,司会の方が半ば強引に打ち切られるほど…。

大学の教員をしていらっしゃる先生からは「チューター(≒ 担任)の立場でどこまで支援できるのか?」と質問をいただいたり,大学の保健室のようなところにお勤めの先生からは「大学生は保護者連携や高校との連携が難しい」と教えていただいたり,大学ならではの難しさの話題もいろいろありました。

大学生たちをこんなに真剣に切実に心配してくださっている方がたくさんいらっしゃると知ることができたということも,私にとって本当にすごく嬉しい機会となりました。

今日みたいな出張を経験してしまうと,もっともっと診察室を飛び出してお仕事したいなぁ…という気持ちが強くなってしまいますが,まずは今日の研修会に出られたことに感謝しつつ,これからも無理のない範囲でアクティブに動けるようチャンスを狙っていこうと思います。

発達障害について