不登校を考える

不登校のお子さんと診察室でお会いしていて感じることがあります…,

なかなかことばにするのが難しいのですが,記事にしてみたいと思います。

我が子の不登校になったとき「学校ちゃんと通ってほしい」と親御さんが考えるのはとても自然なことだと私も思うのですが,そうやって親御さんが当然のこととして登校をプッシュするのを見ているとちょっと怖く感じてしまうことがあるのです。


もちろんお子さんの状態によっては,親御さんからの登校刺激がとても力になることもあるのでしょう。

でも,たとえばお子さんが「学校に行きたくない」理由と意思をはっきり伝えてきているときには,登校に向けてプッシュするのはちょっと待っていただきたいのです。


学校に行きたくない理由は,親御さんにしてみたらとても些細なこと,お子さんの年齢では当然乗り越えられることのように思えるかもしれません。

たとえそうだとしても…お子さん自身もこのくらいの悩みは自分で克服して登校すべきだということはわかっていて,それでも前に踏み出せていないということがとても多いように感じるのです。

お子さんが学校に行きたくない理由は,直接身体への危険を感じるようないじめがあることもあれば,無視や仲間はずれなど危険とまではいえなくてもこころの苦しさや居場所のなさを感じるような状況によることもあります。

いじめが理由のときには解決するまでお子さんの登校を待ってくださる,むしろいじめ解決に向けて学校にも働きかけてくださる親御さんが多いだろうと思うのですが,お子さんの不登校の理由が「居場所のなさ」のときには「そのくらいのことで…」と思われやすいように感じます。


でも。

居場所のない学校へ行くように家でいつも言われていたら,自分の家もお子さんにとって安心できる居場所ではなくなってしまいます。

親御さんに言われて学校に行ってみて,偶然にもスムーズにみんなに迎えられればそれはとてもラッキーなこと。

(多くの親御さんは「行ったら楽しいこともあるのに…」とおっしゃいますが,うまくいく可能性は残念ながら相当低いだろうと思います…。)

そして,親御さんのプッシュで勇気を振り絞って登校した結果がとても苦痛だったとしたら,せっかくの親御さんの応援に対してお子さんは素直に感謝できない気持ちになって,それ以後親御さんからのアドバイスを受け容れにくくなってしまいます。


…この流れは,ひきこもり傾向のある青年たちがあとから振り返って語ってくれる話ととても似通っているように思えてならないのです。


大切なことは,今この1年を小学校に通えるようにがんばることではありません。

おとなになったとき,自信をもって自分の意思で元気に生きていけるひとになること。


しっかりおとなに育つまでに,親御さんの力を借りる場面がまだまだたくさん必要になります。

それまでに「お母さんお父さんの言うことを聞いてがんばってみたら失敗した」といったことを積み重ねないで,「僕のちょっとしたつまずきにもお母さんお父さんは寄り添って待っていてくれた,だから僕はがんばれた」という体験を積み上げていってほしいのです。


不登校になっていても,潜在的な力をもっているお子さんはたくさんいます。

自分でその力を発揮できるようになるまで,お子さんの力を信じてちょっとだけ待っていただけたら嬉しいな…診察室ではそんなお話をさせていただいています。

ブログトップ