2011年

5月

02日

一日一宿題のススメ

じつは私,診察室に来てくれるこどもたちに「宿題」をお出しすることがよくあります。

その「宿題」とは,1日ひとつ,自分が決めた課題を実行する,というもの。

内容はいろいろです…というか,自分自身で決めてもらうようにしています。

たとえば不登校のお子さんなら,家で自分が決めた量は必ず勉強するとか,夜22時にはベッドに入るようにするとか,夕食の食器洗いをするとか…内容はひとりひとり本当にバラエティに富んでいます。

それで,実行できたかどうか次の診察のときまで毎日記録してきてもらうのです。

地味だけど根気の要る課題なので,結構みんな苦労するのですが,次の診察のときにこの「宿題」について話を聞かせてもらうといろんなことを考えて実行してくれていることが伝わってきて,私にも発見がとても多かったりします。


さて。

こどもたちに偉そうにこんな「宿題」を出している以上,私自身も毎日課題を決めて実行しなくちゃ…と思っていて,よくチャレンジします。

実はこのブログを書くのだって,自分のなかでは毎日の課題です。

それ以外にも,仕事・趣味・セルフケアに関することで期間を区切ってその時々の目標を決めて,ひそかに実行しています。

毎日すること自体はそれほど苦痛じゃないように決めていますが,これを毎日続けるのは結構大変なんですよね。

でも「できない日がたまにあっても,ドンマイ!」くらいの大雑把さも大事だな,とも感じます。

「今日はできなかった…でも明日こそはやりたいから,早い時間に取り組むことにしよう」とか,気分を切り替えたり自分なりの工夫を考えたりする練習になるのもいいですよね。

あまりにも実行できない日が続いたら,それは最初の目標設定が高すぎて負担が大きかったということ…目標を修正して再チャレンジするのもアリですよね。


自分に見合った課題を決めて毎日実行するのは簡単なようで本当はとっても難しい…そうと知りつつ,やっぱりこの「宿題」を出しています。

試行錯誤しながら,自分のためにがんばる習慣をこどもたちが身につけてくれたらいいな。

それは,自分のことをよく知って,自分を大事にすることにつながると思うから…。

ブログトップ