便りがないのは…

気がつけば5月も半ばに差し掛かろうとしています。

この4月から,かなりの数の患者さんが新たに高校や大学に進学しましたが,そのなかには3月にお会いしたとき「4月からの生活がどうなるかまだわからないから,予定がわかったら予約を入れます」と言って病院をあとにした人も結構いて。

でもふと気付くと,4月中には受診も予約もしなかった人が何人か…。

ほとんどの患者さんがご家族と一緒に受診してくださっていたので,もしもご本人の調子がとても悪そうに見えたらご家族だってきっと「そろそろ受診したほうがいいんじゃない?」と勧めてくださるはず。

そう考えたら,4月から忙しくそして元気に新生活を送れているのだろうな,と想像するのはちょっと楽観的すぎるでしょうか(笑)…たしかに,私に愛想を尽かして4月からほかの医療機関にかかっている患者さんもいらっしゃるかもしれないけれど。


私が病棟のない今の病院で診療している患者さんは,基本的には服薬が途絶えたら即再発しそうな重症な患者さんたちではないし,不安なときや眠れないときの頓服薬はお出ししているとしても定期的に飲む薬は出ていないケースがほとんど。

なので,毎日が充実してて楽しくて,受診することなんて忘れちゃってる…っていうのは,私にとってもすごく嬉しいことなんです。

もちろん,新生活がもっと続くうちにだんだん息切れしちゃってまた受診しようと思う患者さんもいるかもしれないけれど,それまでは「便りのないのはよい知らせ」と思ってのんびりかまえて待っているつもりです。

しんどくなったときに遠慮なくまた顔を出してもらえるような,それまではけろっと忘れていてもらえるような,患者さんにとってそんな場所,そんな存在でいられたらいいな,と思います。

ブログトップ